所長挨拶

人類は、進みゆく文明の道筋で、多くの負の遺産を抱えてしまいました。健康被害をもたらす癌とウイルス病はその象徴であり、これに成人病の1つである肥満が加わると、まさに文明病を創出してしまったということになります。私は、新しい創造力とサイエンスを携えて、人々の健康を支えるために本研究所の設立を決意しました。亜熱帯の沖縄には、王朝時代から脈々と受け継がれた豊富な生物資源があり、これを利用して癌とウイルス病に対峙し、今後も、サイエンスを背景にして多くの人々の生命系に貢献して参ります。また、遺伝子工学技術の新開発によって、世界初のワクチンも開発中です。当研究所は、これからも、自然とサイエンスの調和を求めて進化し続けます。

代表取締役社長 根路銘国昭

略歴

  • 1939年 沖縄県本部町出身。北海道大学大学院中退(獣医学博士)
  • 1966年 国立予防衛生研究所(現 国立感染症研究所)入所
    スペイン風邪ウイルスのルーツを解明するなど、数々の実績を持つウイルス研究の国際的第一人者。
    国立感染症研究所ウイルス第一部呼吸器系ウイルス研究室長、WHO(世界保健機関)インフルエンザ・呼吸器ウイルス協力センター長、ハーバード大学国際エイズ治療評価委員、中国河北省政府技術顧問、岩手大学兼任(大学院担当)、大阪府立大学兼任(大学院担当)、文部省遺伝子組換え実験審議委員 ・厚生省薬事審議委員など歴任。
  • 1990年  外国人科学功労賞(中国河北省政府)
  • 1993年  国際ウイルス学賞(インフルエンザ制圧戦略会議;オーストラリア)
  • 2001年 (社)生物資源利用研究所 所長
  • 2003年 国際ウイルス学賞(ロシア国立アカデミー)
  • 2004年 (有)生物資源研究所 設立 代表取締役/所長
  • 2009年 琉球新報賞(学術功労)

実績

  • 論文発表 欧文・邦文論文:250論以上
  • 主な著書
    1. ウイルスが嗤っている。(KKベストセラーズ)
    2. 超ウイルス(光文社) 
    3. ウイルスの陰謀(日能協会MS)
    4. ウイルスで読み解く「人類史」(徳間書房)
    5. 驚異のウイルス(羊土社)
    6. インフルエンザ大流行の謎(NHKブックス)
    7. 絵で読むウイルス探検(光文社)
    8. 新型インフルエンザパンデミック(南山堂)
    9. 出番を待つ怪物ウイルス(光文社)
      (中国語、韓国語版も出版)
    10. 新型・殺人感染症(監修・NHK出版) 他数編

主な著書

会社概要

会社名 有限会社 生物資源研究所 The Institute of Biological Resources(IBR)
代表者 代表取締役社長 根路銘 国昭
所在地 〒905-0004 沖縄県名護市字中山893-2
電話 0980-54-3376
FAX 0980-54-3457
E-Mail info@ibr.okinawa.jp
設立 平成16年6月25日
資本金 30,000千円
主な事業 自社開発製品の製造販売、提携先商品開発、受託研究業務等

アクセスマップ